腰痛は自分で改善できます

腰痛改善セミナー

腰痛を自分で改善してみませんか?

 腰痛は、日本人の自覚症状で1位と2位を争う国民病です。
あなたも、こういった腰痛で悩んだことがあるのではないでしょうか?

 

  • 腰が重い、時々痛みがある
  • 重いものを持ったりした後、腰が痛くなる
  • 長時間座っていると、腰が痛くなる
  • 腰が痛くて、背筋を伸ばすといった反り返りができない
  • 朝起きたときに腰が痛い
  • 仕事などで疲労が溜まると腰が痛くなる
  • 腰からふくらはぎの部分が痛かったり、しびれたりする
  • 寝転んでじっとしていると腰痛がやわらぐ
  • 寝転んでじっとすると腰が痛くなる
  • いつも腰に違和感があり、ちょっとした負荷がかかるとすごく痛くなる
  • 感覚的に負荷がかかると腰痛になるんじゃないかという不安感が常にある

 

もし、こういった症状を自分で改善できるとしたら、あなたは興味がありますか?

 

しかも道具はいりません、手だけあればできる方法です。

 

家や会社、旅行先、飛行機の中でも空いた時間で簡単にできる方法です。

 

ただし、この方法をお勧めするのは腰痛になっている85%の方々のみです。

 

MRIやレントゲンで原因がはっきりしている15%の腰痛患者さんには、残念ながらあてはまりません。
※腰痛患者の15%とは、椎間板ヘルニアや腰椎すべり症、脊柱管狭窄症、内臓疾患が原因でなる腰痛のことです。

 

もし、あなたが85%の腰痛に当てはまる方であれば、このページを読み進めてください

 

腰痛になる方は、ほとんどが腰以外の問題が蓄積した結果、腰痛になっています。

 

ですから、腰だけ何とかしようと色々な治療法を試しても、一時的に痛みをとるといったその場しのぎの対応しかできません。
すぐに治るとか、1分で治るとか、心地よい言葉で腰痛の皆さんを引っ掛ける方法が結構ありますが、一時しのぎです。根本的に治る方法は、皆無です。

 

そういった結果が伴わない方法に無駄なお金を使うくらいであれば、ここで紹介するセミナーを受けてください。

 

まずは、腰痛に関連する部分がどれだけ疲れているか、あなたの体をチェックをしてみましょう。

腰の疲労度チェック

 腰痛になる原因は、ストレスもありますが主に下半身や背中の疲労が大きな影響を与えています。

 

そこで、腰の疲労度を確認するために、下半身の状態をチェックしていきます。

 

具体的には、膝とふくらはぎ、足首の疲労度をチェックします。

足の疲労度チェック方法 膝編

膝の裏ツボ

 歩くときにもっとも曲げ伸ばしが多く、負担がかかりやすいのが膝です。

 

膝の状態は、膝の裏側にある筋肉の緊張度合いを調べることで、疲労度がわかります。

 

疲労が溜まっていると、膝裏の筋肉を少しいじわるに強めに押すと痛みがでてきます。
その痛みの出方によって疲労度を知ることができます。

 

下記の手順で、膝の疲労度を確認してください。

 

@椅子に座ります。
A膝を90度にした状態で、膝の裏側にある筋肉を指先(親指)で左右にぐりぐりと押していきます。
※膝の裏には、縦に3本の筋肉がありますので、それぞれを押していきます。
膝の内側と中央、外側と3つあります。
コツは、膝の裏側に入れた指先を斜め上にある膝の皿に向かって押すことです。

 

膝の裏ツボ

 

動画で見る場合は下記をご覧ください。

<確認内容>
痛みのでる筋肉が多いほど、膝の疲労度は高く腰への負担も増えます。
特に膝の内側、中央に痛みが出る人が多くいます。


足の疲労度チェック方法 ふくらはぎ編

ふくらはぎ

 ふくらはぎは、第二の心臓と呼ばれる重要な部分です。

 

ふくらはぎが固くなって疲労が蓄積していると、足が重たくなったりするだけでなく、下半身に流れてきた血液を心臓に戻すポンプ作用も低下してしまいあます。
血液を送り返す時間がかかるほど、血液の温度は低下していきます。

 

それが末端の冷え性となります。

 

ふくらはぎも疲労が溜まると痛みが出やすくなりますので、下記の手順を試してふくらはぎの疲労度をチェックしてください。

 

@椅子に座って、右足の足首を左足のふとももの上にのせます(足を組む形です)。

 

A手の親指の先を右足のふくらはぎの中央部分に指圧するように当てます。足首付近から押す位置を変えながら、膝裏にむかって押していきます。
B右足と左足を入れ変えて、@とAを行います。

 

動画で見る場合は下記をご覧ください。

 

<確認内容>
ふくらはぎの痛みが強く、痛みのでる範囲が広いほど、ふくらはぎの疲労度は高くなります。
冷え性、足の重さ、足のむくみ、だるさ、腰への負担の原因となります。


足の疲労度チェック方法 足首編

足首のチェック

 日常生活で足首のことを意識したことはありますか?
足首は歩いたり走ったりするときに、地面からの衝撃を一番最初に吸収してくれる間接です。

 

ここが固くなってクッション機能が落ちると、他の関節に大きな衝撃が流れてしまいます。
背骨を伝わって、首まで影響することがあります。

 

足首は縁の下の力持ちです。現在の状態をしっかりとチェックしておきましょう。

 

@椅子に座って、右足をつま先立ちの状態にします。
Aつま先を軸にして、右足首を時計回り、反時計回りにゆっくり回します。
B足を左足に変えて@とAを行います。

 

動画で確認する場合は下記をご覧ください。

 

<確認内容>
足首がなめらかに動いていれば、足首の疲労度は低くなります。
足首がぎこちなく動く場合は、足首に疲労が多くたまっています。

 

足首の動きが悪いと、足首より上にある関節、膝や腰への負担が増え、背骨を伝って首に痛みを引き起こすこともあります。


腰の疲労度チェックはいくつ当てはまりましたか?

チェックしてびっくり

 さて、ご紹介した腰の疲労度チェックは、いくつ当てはまったでしょうか?

 

もしかしたら、
「膝の裏ってこんなに痛くなったりするの?」
「ふくらはぎがすごく痛くてびっくりした。」
という方もいるのではないでしょうか?

 

逆に
「どこを押したらいいのか、あまりよくわからない。」
「全然痛くないんだけど。」
といった感想を持つ方もいると思います。

 

今回行う腰痛改善セミナーでは、ここでご紹介したチェック方法の確認はもちろん
腰痛改善法も実践して頂きます。

 

そして、改善法を行った後に再度チェックをします。

 

事前チェック
現在の体の状態をチェック
腰痛改善法の実践
腰痛改善法を実践
効果のチェック
習った方法を実践して、どれくらい変化が起こったのか?

 

ということを確認していきます。

 


セミナーについて

腰痛改善セミナーのお値段ですが
5,000円(当日払い)
です。

 

前日までの先払いの場合は、4000円です。

 

セミナー時間:90分
お渡しするもの:腰痛改善セミナーテキスト
開催場所:東京台東区三筋1−10−8レジェンドビル4F
木村爽健事務所
となります。

 

参加者にきめ細かい説明をするために、セミナーは定員6名で行います。

 

下記の開催日程をご覧になり、ご希望の日程をお申込みください。
前日までの前払いは、スケジュール横のボタンを押してお申込ください(決済方法:クレジットカード、銀行振込)。
6月14日(水)19:00〜20:30(前払い4,000円) セミナー申込み
6月17日(土)13:00〜14:30(前払い4,000円) セミナー申込み
7月1日(土)14:00〜15:30(前払い4,000円) セミナー申込み
7月5日(水)19:00〜20:30(前払い4,000円) セミナー申込み

 

当日現金にてお支払いの方は下記からお申込ください。
当日現金払い 5,000円
セミナー申込み

 

値段が安すぎて不安になる方もいると思います。はっきり言うと、治療院の先生に教えても良い方法です。
治療院の先生たちが受けている、治療家向けの講座は最低数万から数十万円が相場です。
飯の種を教えるわけですから、値段はとても高いです。

 

私のセミナーでは、患者さんへの治療方法として教えている内容を、自分一人でできる内容に進化させています。
そして、それを安価に提供しています。

 

もちろん、それには理由があります。

 

それは、私が開催している気功のセミナー(九元レイキセミナー)を受けて欲しいからです。
自分の手を体に当てることで、腰痛や肩こりなどを改善していくことができる手法です。

 

この腰痛改善セミナーだけでも、腰痛が改善する可能性がかなり高いです。
しかし、多くの人がこの内容だけで完全に腰痛を無くしていくことは難しいと思います。

 

その理由は色々とあります。
本当はその理由をダイレクトにお話したいのですが、世の中で一般的な内容ではありません。

 

私が何の効果もあなたに感じてもらっていない状況で、あなたが聞いたこともない理由を話して信用してくださいといっても、信用できないですよね?

 

ですから、まずはあなたに信用してもらう方法として、このセミナーで腰痛が改善する方法をお伝えしてその場で実感してもらおうと思っています。

 

「それなら、ただで教えてよ。」
という方もいると思いますが、それはできません。

 

あなたも経験があると思いますが、無料で素晴らしい方法を教えてもらっても続けない人が大半です。
対価を払って手にした方法でなければ、人は価値を感じないようです。
なぜかクレームも多いです。

 

私は過去に無料でセミナーや治療を行ったことがありますが、あまりいい思い出がありません。どちらかといえば、嫌な思い出ばかりです。

 

私は、お金をきちんと払って結果を受け取る、真っ当な方だけにこの方法を教えたいと考えています
うまくいけば、毎週のように通っている整体などの治療に行く回数が減ったり、行かなくて済むような方法です。

 

また、家や職場、旅行先などでも実践できる方法です。ゴルフやテニス、野球といったスポーツで腰痛になっている方にもお勧めです。

セミナー講師について

セミナー風景

 このセミナー内容を作成し、講師を行う木村爽健 木村です。
私は、中学2年生の頃から東洋医学を学び実践することで、自分の持病を改善、解消してきました。

 

東洋医学に興味をもった一番最初のきっかけは、私の持病であった重度のアレルギー性鼻炎の改善でした。

 

私は、6年間毎週アレルギー性鼻炎の治療で耳鼻科に通っていました。
ところが、治るどころか症状は悪くなるばかりで、耳鼻科の先生からは
「気長に治療していたら、そのうち良くなる。」
と無責任な言葉をかけられ、うんざりしていました。

 

そんな時に、本屋でとある気功の本に出あいます。アレルギー性鼻炎の治し方が書いてある本の内容を、藁をもすがる思いで実践したところ、3ヶ月でアレルギー性鼻炎はほとんどなくなりました。

 

それがきっかけとなり、自分で体を改善する方法を学んでは実践するようになりました。

 

京都大学大学院に進学できたのも、大学時代に習っていた気功の後押しが大きかったと思います。
その後、株式会社アクセンチュアでITコンサルタントを経て、鍼灸あん摩マッサージの国家資格を取得。

 

専門学校で資格取得をする傍らで、中学時代から学んで実践してきた東洋医学の方法を教えるセミナーを開催するようになりました。

 

ここ6年くらいは、ネパールに水晶やはちみつなどの製品を仕入れにでかけるようになり、仕事の合間を使ってヒマラヤ山脈のトレッキングに行くようになりました。
水晶の選定や値段交渉。
水晶の選定と値段交渉
商談がまとまり、お店で記念撮影
水晶のお店で記念撮影

 

標高3000m〜4000mくらいまでを、5日間くらいの日程で歩きます。
最初は、こういう場所からスタート。
ヒマラヤトレッキングスタート
ミドルキャンプという場所付近で8000mヒマラヤ山脈を背景にとった記念写真です。
ヒマラヤミドルキャンプ
ミドルキャンプ3250m(こう書いていますが、もうちょっと高いんじゃないかと思います)
ヒマラヤミドルキャンプ垂れ幕
低い山は見渡せるポイントです。
ヒマラヤミドルキャンプ2

 

山登りまで過酷ではありませんが、一日5〜8時間40Lのバックパックを背負って登ったり下ったりするため、体にはかなりの負担となります。
そこで、山歩きで蓄積する疲労をその場で取り除く方法を考えました。

 

その結果、山歩きをしても疲労をその日のうちに改善し、筋肉痛も通常の2割程度に抑え、良い状態を維持できるようになりました。

 

今回ご紹介する腰痛改善法は、ヒマラヤトレッキングで蓄積されたノウハウを元に作成しました。

 

是非、多くの腰痛に悩む方々に知って頂きたいと思っています。


実績について

 弊社では、企業研修で肩こりの改善方法などのセミナーを行っています。
企業で実施して頂けるクオリティと、理論に裏付けられたしっかりとした内容があります。

 

例)オールアバウト様の社員様向け研修
オールアバウトセミナー

 

アンケート結果では、疲労はおおむね半分に軽減されました。
<オールアバウト株式会社様>
肩こり 10→5
首こり 10→5.46
肩甲骨内側の張り 10→4.71
体の感覚(重さやだるさなど) 10→4.57
(有効回答数:14名)

 

腰痛改善セミナーは、この研修と同レベルの内容をお届けします。

 

さらに企業研修では話すことが難しい、同じ手法を行っても個人差がでる原因や、より効果をあげるためにどういったことが必要かについてご紹介します。

セミナーについて

腰痛改善セミナーのお値段ですが
5,000円(当日払い)
です。

 

前日までの先払いの場合は、4000円です。

 

セミナー時間:90分
お渡しするもの:腰痛改善セミナーテキスト
開催場所:東京台東区三筋1−10−8レジェンドビル4F

 

となります。

 

参加者にきめ細かい説明をするために、セミナーは定員6名で行います。

 

下記の開催日程をご覧になり、ご希望の日程をお申込みください。
前日までの前払いは、スケジュール横のボタンを押してお申込ください(決済方法:クレジットカード、銀行振込)。
6月14日(水)19:00〜20:30(前払い4,000円) セミナー申込み
6月17日(土)13:00〜14:30(前払い4,000円) セミナー申込み
7月1日(土)14:00〜15:30(前払い4,000円) セミナー申込み
7月5日(水)19:00〜20:30(前払い4,000円) セミナー申込み

 

当日現金にてお支払いの方は下記からお申込ください。
当日現金払い 5,000円
セミナー申込み

 

この内容を学ぶことで、毎週のように通っている整体などの治療に行く回数が減ったり、行かなくて済む可能性は高いです。

 

また、家や職場、旅行先などでも実践できる方法です。ゴルフやテニス、野球といったスポーツで腰痛になっている方にもお勧めです。


ホーム RSS購読 サイトマップ
セミナー概要 体験談 コース費用 日程