有限会社 木村爽健

病気はポイント制

心も体も分けられない

あなたは、どんなポイントカードを持っていますか?

 

 コーヒーショップや薬局、スーパーに行くと、その店独自でポイントカードを作っているところがありますよね?

 

ポイントカードを出すと、買った値段に応じてポイントがついて、ある程度ポイントがたまると割引してくれたり、コーヒー一杯が無料になったりすると思います。

 

私は、病気になるのもポイント制だと考えています。

 

では、どんなポイントが溜まると病気になるのか?

 

これは、東洋医学の世界でいう、邪気という病気の原因が体にポイントとして溜まることだと考えています。

 

つまり、あなたが体に悪いことをすれば、邪気のポイントが体に蓄積されます。仮に、これを「邪気ポイント」と呼びます。

 

これは、意識しようがしまいが関係なく、強制的にポイント加算されます。

 

ただ、普通のポイントカードと違い、お店ごとにポイントがつくわけではありません。

 

あなたは、Tポイントカードというのをご存知でしょうか?

 

Tポイントカードは、コーヒーショップやレンタルビデオ、飲食店、コンビニエンスストアなど、提携しているお店全店で購入した金額に応じてポイントをためることができます。

 

邪気ポイントは、Tポイントカードと似ています。

 

つまり、あなたの言動や環境、日常使っている製品やサービス、仕事、友人などあらゆるところで、体に悪いことをすれば、自動的に邪気ポイントが加算されます。

 

そして、ある程度邪気ポイントがたまってくると、あなたの体に様々な症状が現れてきます。

 

わかりやすいのは、肩こりや首のコリ、眼精疲労、腰痛といった慢性症状や痩せすぎ、肥満といった見た目の状態です。

 

これらの症状や状態は
「あなたにどれくらい邪気ポイントが溜まっているか?」
というのを教えてくれる指標になります。

心も体も分けられない

「肩こりはありますが、それ以外は健康です。」
「太っているけど、それ以外は健康です。」
という人がたまにいます。

 

私たちからすると、理解できない言葉です。なぜなら、邪気ポイントがたまっているから肩こりになったり、太っているわけです。

 

こういった思考になるのは、心や体が機械の部品のようにパーツの集まりでできていると考えるからです。

 

動物の体は分解したら、ただの肉塊です。

 

もし、肉屋で肝臓だけとか、心臓だけ動いているのを見たことがあれば、是非教えてください。
一度見てみたいものです。

 

当たり前ですが、単体では働きません。

 

人間という一つの形でのみ、それぞれの部分が働きます。

 

ですから、体の営みの中で問題があって、邪気ポイントが溜まったから、
肩こりや肥満という形で表れてくるわけです。

 

早く邪気ポイントを減らす努力をしなければ、溜まりすぎた邪気ポイントは、
糖尿病やガン、脳梗塞など重大な病気を引き起こします。

 

また、邪気ポイントがたまると、運勢も悪くなっていくことがわかっています。
これは、不運ポイントとでも呼べばいいのでしょうか。

 

「弱り目に祟り目」
という言葉があるように、体が弱ってくると、それにつられて不運もやってきます。

 

例えば、会社経営して表面的に順調に見えた経営者が、体調を崩したとたんに会社経営も傾き、家族が離散したり、不幸な最後を遂げるというケースがあります。

 

普通に考えれば、そんな立て続けに不幸が起こるなんて考えられないでしょうが、実際に起こっています。

 

これは、邪気ポイントの観点から見れば至極当たり前の結果です。邪気ポイントがたまっていることを放置し続けた結果、体が邪気ポイントを抱えきれなります。そして、その時にもっている邪気ポイントで、ありったけの病気を交換します。同時に溜まっていた不運ポイントも交換されます。

 

そうなると、見た目的には一度に病気や不運が起こったように見えます。実際は、今説明したように見えないところで邪気ポイントが長い間溜まり続けた結果なので(本人にはわからなくても、必ず兆候が出ています)、突然ふってわいた話ではありません。

 

ただし、不運ポイントについては、その人の生き方で邪気ポイントとは別で溜まるようです(まだ研究中)。

 

このように、病気や不幸の原因は邪気ポイントが溜まることによって、引き起こされると考えています。

 

ですから、邪気ポイントの観点で見ていれば、事前に病気や不幸が起こることは予見することができますし、邪気ポイントを減らす対策を立てて、病気や不幸を未然に防ぐことも可能です。

 

それだけでなく、あなたが望むのであれば、単純に邪気ポイントを減らすだけでなく、あなた自身の気功能力を高めて、健康で幸せな人生を切り開いていけるようにすることもできます。

邪気ポイントの種類

 自動的に溜まってしまう邪気ポイントですが、人によって個人差があります。

 

あなたは、この個人差がいったいどうして起こると思いますか?

 

この個人差が起こる原因は、大きく分けて2種類あります。

 

それは、、
・生まれた時点で決定していること
・生まれた後で選択すること
です。

 

まずは、「原因と結果の模式図」をご覧ください。
原因と結果の図

 

この図は、私たちを樹木に見立てたもので
樹木=私たちの心と体
果実=病気や不運
を表しています。

 

樹木が土の中の養分を吸って成長するように、私たちも家系や土地、遺伝的影響、環境的要因という3つから邪気ポイントをもらいながら生きています。

 

生まれた時点で決定していること=家系や土地、遺伝的影響
生まれた後で選択すること=環境的要因
となります。

 

家系や生まれた土地、そして遺伝的影響は、生まれた時点で決まっています。

 

一方で、生まれた後で選択できるのは、環境的要因です。何を食べて飲むか、どこに住むか、どんな仕事をするか、あなたが生まれた後に選択することができます。

 

私たちは樹木と違って自由に動き回れるので、あなたは家系や自分の育った土地についてそれほど気にしていないかも知れません。

 

しかし、東洋医学の「気」というエネルギーの観点でいえば、あなたの家系やあなたの育った土地はとても大きな意味をもちます。

 

なぜなら、あなたと家系や土地とのエネルギー的なつながりは、どこにいようと一生切れない強力なものだからです。

 

これらのつながりは、親から子へ、そして孫へと世代を通じて、プラスの影響とマイナスの影響を与え続けます。

 

まずは家系のプラスの影響を考えてみましょう。

 

例えば、お寺や神社の跡取りの方は感覚が鋭くなる傾向があります。特殊な感覚や能力を元々持っている方も生まれやすくなります。

 

スポーツ選手の家系では、スポーツの才能が高い子供が生まれる傾向があります。

 

このようにその家系で生まれたことで、最初の状態が他の人よりも優れていることがあります。

 

もちろん育つ環境の影響もありますが、元々生まれ持って特定の能力が高いことや、その能力を家系のエネルギーが後押しするような力が働くので、結果的に見れば他の家系よりも特定の分野で能力が高い子が育ちやすくなります。

 

そういった家系によるプラスの側面があるのと同様に、マイナスの側面があります。

 

それは、家系が歴史上経験してきたマイナスの出来事です。

 

例えば、先祖が名だたる武将であれば、戦で相当な数の敵軍を滅ぼしているはずです。そういった場合、滅ぼされた者たちは成仏できずこの世にとどまり、滅ぼした武将と家族に取り付いて邪気を送り続けます。

 

これは、世代が変わろうが消えることなく継続されます。通常は、本家が一番強い影響を受け続け、分家は弱まる傾向があります。

 

また、子孫の世代で他のマイナスの出来事が起これば、それも次の世代へと加算されていきます。

 

マイナスの出来事として考えられる範囲は様々なので省略しますが、そういったマイナスの出来事による邪気の受け方が家系によって異なります。家系と同じように、住んでいる土地そのものにも、過去にその土地で起こった出来事の情報が蓄積されています。

 

家系と土地の影響により、生きているだけで自動的に邪気ポイントが、毎日1000ポイント溜まる人もいれば、100ポイント溜まる人もいます。

 

このように、家系や土地の影響は、見た目にはわかりませんが、毎日確実に私たちに影響を与え続けています。

 

また、生まれた時点で持っている邪気ポイントの量にも差があります。

 

これが、遺伝的影響です。

 

家系や両親、環境の影響を受けて子供は生まれてきますので、母親のお腹にいる時点でたくさんの邪気ポイントがあると、病弱だったり何らかの障害を持つ可能性が高くなります。

 

また、あまりに邪気ポイントが多いと、生まれる前に亡くなってしまうことがあります。
こういった先天的な邪気ポイントの量や溜まり方が、私たちの人生に大きな影響を与えています。

 

その土台の上で、私たちはどんなものを食べて飲むか、どんな仕事をするかといった環境的要因を選択しながら生きています。

 

これらすべての合計が、私たちの邪気ポイントとして体に蓄積していきます。


ホーム RSS購読 サイトマップ
サービス 会社概要 アクセス ブログ お問合せ