1. TOP
  2. ライザブでリンパ節ガンの犬が回復

ライザブでリンパ節ガンの犬が回復

 2016/05/20 体験談
この記事は約 2 分で読めます。 3 Views
レオン君抗がん剤後

今回ご紹介するのは、ライザブを使用してリンパ節ガンから回復したレオン君(シーズー犬、14歳)です。

獣医さんからは、2015年2月に

「リンパ節ガン末期、余命2ヶ月。」

を宣告されました。抗がん剤を使えば2か月、使わなければ1ヶ月しか持たないといわれ、飼い主は抗がん剤を使用。

レオン君抗がん剤後

抗がん剤使用後、全身の毛がほとんど抜けてしまい、衰弱して下痢をするようになりました(写真上)。

 

そこで、ライザブRD1370を寝床に敷いて、クリームも使用したところ、体温の上昇と毛の再生が始まりました。

レオン君ライザブ1

(写真)頭の毛から再生が始まりました。この頃は、体に触れる暖かいのですが、よく震えていました。

 

足の付け根にあるリンパ節にあった大きなしこりも縮小しては、再び他の場所にしこりができてを繰り返しながら、無くなりました。

レオン君ライザブ1前足ガン

(上写真)指でさしている部分にしこりがあった。

レオン君ライザブ1後足ガン

(上写真)指でさしている部分に、ガンのしこり。

 

現在、全身の毛がほぼ再生して、食欲も回復しました(2016年4月)。

IMG_3908 (2)

(上写真)体にも毛が再生しています。

 

現在、ガンは消失しているため、経過観察中(2016年5月)。ライザブは、RZ15478を使用。

 

このように、ライザブを使用することで、ガン末期の犬が余命期間である2か月を超えて、一年以上生存しています。

また、抗がん剤使用後の抜け毛、下痢、食欲減退は改善。食欲も旺盛になっています。

 

シーズーは小型犬のため、RD1370でも反応が出ました。

しかし、人間サイズになるとRZ15478以上の製品レベルでないと、なかなか厳しいのではないかと思います。

もちろん、症状の進行度合いや深刻度によって変わってくると思います。

 

ライザブについては、こちらをご覧ください。

 

\ SNSでシェアしよう! /

木村爽健ブログの注目記事を受け取ろう

レオン君抗がん剤後

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

木村爽健ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

kimura紹介 kimura一覧

blog1

木村爽健代表。中学2年生より気功を始め、重度のアレルギー性鼻炎を解消。
京都大学農学研究科修士終了後、アクセンチュアへ入社。その後、国際鍼灸専門学校にて鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師の免許を取得。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 新興宗教に入会するくらいなら気功を学んだほうが良い理由5選

  • 新興宗教に入会すると脱会が難しい理由

  • そんな力があるなら、無料でやってよという誤解

  • 絶対に治りますか?という質問をする人は治らない

関連記事

  • このご恩は後でお返しします

  • 手に持ってから頭が痛くて